ノバックのこだわり

人の記憶に残る仕事

国の直轄事業をはじめとした土木工事、マンションや学校、病院など公共施設、商業施設などの建築工事を全国規模で手がけています。
規模、品質、多彩さのどの面からも技術者としての興味を刺激する案件に携わることができます。


間取り図面

スキルを高める環境

中堅ゼネコンの中でも群を抜いて有資格者数が多く、その活躍を目の当たりにすれば、自ずと資格取得への意欲も高まります。
受験までさまざまなサポートを受けることができ、取得後の手当ても充実。
また工事部単位で行う勉強会や技術者単位の研修も定期的に開催しており、社員が講師として指導することから、実務に即した内容を学ぶことができます。

資格取得者数(2018年4月末現在)

  • 技術士/1名
  • 建築士/43名(1級22名、2級21名)
  • 土木施工管理技士/130名(1級122名、2級8名)
  • 建築施工管理技士/99名(1級92名、2級7名)
  • 造園施工管理技士/20名(1級16名、2級4名)
  • 管工事施工管理技士/8名(1級5名、2級3名)
  • 宅地建物取引士/14名
  • 建設業経理事務士/9名(1級2名、2級7名)
  •  

資格取得関連の待遇

  • 取得関連費用の全額負担・・・講習会受講費、交通費、受験費などを全額負担します。
  • 資格手当・・該当資格を追加し、手当の上限額を増額。(H30年度改定)

資格保有者


風通しの良さと強い絆

風通しの良さと強い絆

現場や勉強会などで生まれる技術者間の風通しのよさと強い絆から、後輩に積極的に仕事をまかせる社風があり、多くの社員が早くから第一線で活躍しています。
若いうちから価値ある経験を積み、やりがいを感じることができます。


やる気を引き出す待遇・福利厚生が充実

やる気を引き出し待遇・福利厚生が充実

利益は社員に還元するという方針から、できるだけ社員の期待に応えられるよう努めています。
また、安全性に最大に配慮すべき業務であることからも、心と体をリフレッシュするためのさまざまな福利厚生を取り入れています。

  • リフレッシュ休暇 ・・・工事案件終了ごとに約1週間の取得が可能です。
  • 帰省旅費負担・・・月2往復分までは支給しており、地元で待つ家族の気持ちに配慮しています。(帰省しなくても毎月1往復分支給。)
  • 永年勤続報奨・・・10年ごとに旅行券を支給。社員とその家族への感謝の気持ちを表しています。
  • 海外旅行 ・・・心身のリフレッシュと社員間の交流を目的としています。

安定した経営体質

安定した経営体質

創業から半世紀を越えてもなお、黒字経営を継続しており、公共と民間の多彩な両事業をバランスよく手がけることで、市場の変化に柔軟に対応しています。建設業者の実力を示す経営事項審査においても、毎年、土木・建築両業種共に高評価を得ており、信頼性の高い経営状態を証明しています。

※経営事項審査とは?

経営事項審査(けいえいじこうしんさ)とは、日本の建設業において、公共工事の入札に参加する建設業者の企業規模・経営状況などの客観事項を数値化した、建設業法に規定する審査。略して経審(けいしん)とも呼ばれる。

売上高

ページの先頭へ