コンプライアンス基本方針

私たち、株式会社ノバックは「人、力、技術」を社是としています。すなわち、「人=経営資源、会社の基盤は人、教育・訓練の充実」「力=創造力、若い力の結集、一致協力、職場の活力、新しい発想によるチャレンジ」「技術=技術の研鑽、品質の向上、新技術の研究」を掲げ、「人のために、次世代のために今できることを真剣に考える」ことを追求してゆきます。

当社の理念は、建設事業を通じて社会に貢献するという高い倫理観と、法令遵守を始めとする社会正義を守ることと定義します。

当社のコンプライアンス基本方針に則り、社内体制を確立するとともに、すべての役職員が、その理念を理解し、不正を犯さず、社会に貢献し、より透明性の高い企業を作り上げてゆくという意識を持つよう、一丸となって行動します。そして、社会から信頼される企業となるよう努力してゆくことを宣言します。

行動規範

  1.  私たちは建設業にかかるすべての法令、諸規則を理解し、遵守します。そして社会正義に則り、業務を遂行します。
  2.  私たちは建設業を通じて社会に貢献してゆきます。この社会がより良くなるよう、高い意識を持ち行動します。
  3. 私たちは建設業をお客様にとって分かりやすく、偽りのない業種と理解していただくよう努めます。そのため、会社の透明性を追求しお客様に必要な情報を提供してゆくように行動します。
  4. 私たちは建設業に携わるものとして、お客様の個人情報等の取り扱いには細心の注意を払い、お客様の不利益を防ぐことを念頭に行動します。
  5. 私たちは建設業を営む上で、反社会的勢力に対決する姿勢を貫きます。不当要求等一切の妨害には真摯に対決します。

コンプライアンス体制と組織

  1. 取締役会・経営会議
    取締役会は当社における最高意思決定機関で、コンプライアンスに係る最終的な協議と決定を行います。
    経営会議は取締役会に準ずる機関で、開催頻度を取締役会より多くすることにより、コンプライアンスの問題発生等に迅速に対応します。
  2. コンプライアンス・リスク管理委員会
    コンプライアンス・リスク管理委員会は経営会議参加者と社外役員、社内でコンプライアンス管理とリスク管理に携わる者が委員となり、四半期ごとに会社におけるコンプライアンス上の問題点と、会社に存在するリスクを顕在化させ、その対応を検討します。その結果を経営会議と取締役会に報告することにより、コンプライアンスの管理を進めてゆきます。
  3. 基幹本支店におけるコンプライアンス責任者
    当社における基幹本支店は本社、大阪支店、東京本店とし、それぞれの本支店長がコンプライアンス責任者として、本社総務部長等と連携しコンプライアンス管理を進めてゆきます。

コンプライアンス関連事項(社内規程・社内教育)

  1. コンプライアンス管理規程
    社内規程に「コンプライアンス管理規程」を設け、すべての役職員が法令を遵守し、高い倫理性を保持して業務を推進します。
    そして、当社の適切で健全な事業運営を図ります。
  2. 内部通報窓口
    社内規程に「内部通報窓口に関する規程」を設け、社内、社外からのコンプライアンスに係る通報を受ける窓口を設置し、会社の透明性を高めるとともに、コンプライアンスの諸問題を迅速に解決することを目指します。
  3. 反社会的勢力対応マニュアル
    社内規程に「反社会的勢力対応マニュアル」を設け、会社として反社会的勢力に決然として対処することを定めます。
    反社会的勢力には本社総務部を中心とし、警察機構等外部機関とも協調して断固とした対決姿勢を貫きます。
  4. 社内教育
    コンプライアンス・リスク管理委員会を中心組織として、年に2回程度関係役職員を対象とした、コンプライアンスに関する社内教育を行い、役職員のコンプライアンス管理に対する意識を高めます。

ページの先頭へ