先輩社員の声

山根 三咲

福利厚生が充実していて、他社と比べて一人一人への生活サポートが
手厚いところは大きな魅力だと感じます。

2018年入社

大阪建築工事部

山根 三咲

現在の仕事内容

○施工図のチェック ・作成 (杭伏図・掘削図・基礎伏図・躯体図等、各工種の施工図)
図面が施工図の寸法とあっているかチェックします。
杭伏図は建物の基礎となる地中35メートルくらいにある杭を地中に埋める位置の図面です。
基礎伏図は地中に埋まった基礎部分の図面で1階の床の辺りです。
○工事写真の作成・整理
○サンプル表の作成

山根 三咲

入社を決めた理由・背景について

就職活動中、様々なゼネコンを調べました。
特に高層マンションに興味があったので、中堅ゼネコンながら多くの事業を受け持っていたノバックは、安定した会社であり福利厚生もしっかりしていたので、入社を決めました。
中でも福利厚生が一番手厚く、宿泊補助については、どこの会社を調べても半分補助に対してノバックは全額補助があり、月2回の帰省手当ても出るので、実家へ帰るのに非常に助かっています。

人生でこの仕事を選ばれた理由

幼少期に見た、女性の大工さんに憧れて建設業に興味をもちました。
大学で専門的なことを学んでいくうちに施工管理という仕事を知り、現場を管理するかっこよさに惹かれました。

山根 三咲

仕事の醍醐味(やりがい)は

仕事をすればするほど知識が蓄積されていくことにやりがいを感じます。
また、ひとつとして同じ建物がないため、常に新たな発見があって飽きることがない仕事です。
自分の成長を自分で気づくことができるのは、この仕事の醍醐味だと思っています。

自社の魅力は

福利厚生が充実していて、他社と比べて一人一人への生活サポートが手厚いところは大きな魅力だと感じます。
初めての女性社員ということもあり不安はありましたが、小さな意見も取り入れてくれる会社であることを感じ、長く働きたいと思いました。

もっとも心に残っているエピソードは

初めて自分が作成した施工図が現場に反映されたとき。
パソコン上で試行錯誤して作り出したものが、実際に躯体図として反映され、目の前に形になって出来あがった時は、鳥肌がたちました。

山根 三咲

将来、自社の仕事を通して成し遂げたいことは

多くの経験を積み、自分で現場を動かすことができるようになることが現在の目標です。
初めての女性所長として、しっかりした現場監督になりたいです。
職人さんや先輩社員から信頼を得られるように毎日真剣に仕事に向き合っています。
一番心がけていることは建物を作るとき、そこに住む人たちのことを考えながら、建物が歪んだりしないようにきちんと寸法を測り、真剣に取り組んでいます。

OFF の過ごし方や、お気に入り(or 現在はまっているもの)など

同期社員と買い物やご飯に行って、違う現場の情報を交換することで、いい刺激を受けています。
また、一眼レフカメラを持ち歩いての旅行が好きで、週末は日帰りで他県に行き、写真を撮影したり美味しいものを食べてリフレッシュしたりしています。
海外へはまだ行ったことないので、来年の社員旅行がハワイなのでとても楽しみにしています。

山根 三咲

学生のみなさんにアドバイスやメッセージを

学生のうちに実務経験がなくてもすぐ取れる資格を取っておくといいと思います。
また、社会人1年目は覚えることが多く、毎日仕事のことでいっぱいになるので、自分に余裕があるときに取得することをお勧めします。

ソフトはJw_cadを使用しています。私が学んだ大学はVectorworksを使っていたので、前もってJw_cadの練習をしておいた方がいいですね。

常に現場にいる仕事なので、インターンシップや会社訪問に参加すると、より会社の雰囲気が分かると思います。
学生時代にしっかり遊んでおいてください。

1日のスケジュール

7:20
出勤
7:30
1日のスケジュール確認
8:15
安全朝礼
8:30
現場の進行確認
9:00
図面チェック
12:00
昼休憩
12:45
昼礼
13:00
図面チェック
15:00
現場作業の確認
17:45
職員と明日の作業内容確認
18:00
1日の作業内容の確認・反省
18:30
退社
1日のスケジュール

ページの先頭へ